ホーム >> ご使用の患者さま >> トービイとは?

ご使用の患者さま

トービイとは?

4.どのような人がトービイによる治療を受けられますか?

トービイは緑膿菌の呼吸器感染がある嚢胞性線維症患者さんに対する吸入薬です。 次の患者さんについては、トービイの有効性や安全性が認められています。

  • 6歳以上
  • 呼吸機能が一定範囲内(1秒量が予測正常値の25%以上75%以下)
  • バークホルデリア・セパシアと呼ばれる細菌の感染がない

トービイがあなたに適しているかどうかは、主治医にご相談ください。

注意! 妊娠または妊娠している可能性のある患者さん、または授乳中の患者さんは、トービイを使用する前に主治医にご相談ください。

●その他の注意(トービイをお使いになる患者さんとご家族の方へ)
  • トービイと同じ種類(アミノグリコシド系)の抗生物質またはバシトラシンにアレルギーがある場合には、トービイを使用しないでください。過去に何か聴覚、腎臓、平衡感覚、筋肉系の問題があった場合には、治療を始める前に主治医にお知らせください。
  • トービイを使用している患者さんは、咳や呼吸困難のような症状が一時的にみられる場合があります。また、耳鳴り、難聴、声の変化(しゃがれ声)などの症状があらわれる場合もあります。耳鳴りは難聴の前兆であることがあります。耳鳴り、聴こえ方の変化、声の変化やめまいを感じたら、主治医にお知らせください。
  • トービイと同じ種類の抗生物質で腎障害がおこることがあります。むくみ、尿の量が減るなどの症状があらわれたら、主治医にお知らせください。
  • 妊娠中や妊娠の可能性のある場合、または授乳中の場合は、トービイを使用する前に主治医にご相談ください。
  • お薬によってはトービイとお互いに作用を強めたり、弱めたりする場合がありますので、現在使用している全てのお薬について主治医と相談してください。
  • 嚢胞性線維症患者さんにはさまざまな症状があります。症状のなかには治療に関係するものもありますので、新たな症状や症状が悪化した場合は主治医にお知らせください。
 
お問い合わせ

文字サイズの変更

  • 小さく
  • 標準
  • 大きく